2021年9月1日(水)

II. 初秋の演奏会
Concert at The Museum of Kyoto

[ 京都 ] 京都文化博物館 別館ホール ( 旧日本銀行京都支店 *重要文化財 )

mama!milk
生駒祐子:アコーディオン
波多野敦子:ヴァイオリン
小倉笑:声
BUN Imai:マリンバ、パーカッション
清水恒輔:コントラバス

Yuko Ikoma : accordion
Atsuko Hatano : violin
Emi Ogura : voice
BUN Imai : marimba, percussion
Kosuke Shimizu : contrabass

京都の初秋の演奏会。

この夏のむこうに秋の訪れる頃、
明治の近代建築・京都文化博物館別館ホールの重厚な空間で。

アコーディオン、ヴァイオリン、声、マリンバ、コントラバスが奏でる音楽に、
おおらかに包まれたり、ふくよかに耳を澄ませたり。

初秋の夜のひとときを、どうぞお楽しみください。

演奏曲目:
Gala de Caras ガラ・ドゥ・カラス
Veludo 天鵞絨
Charade シャレード
your voice

[[ mama!milk ]]
作曲・生演奏を通して音楽の記憶を見つめる、生駒祐子、清水恒輔によるユニット。
架空の街の旋律、音で描く心象風景 etc.
クラシック、ラテン、ジャズ、モダンから現代まで、情緒豊かに行き交う楽想が、国内外で好評を博している。
各地の歴史を内包した場 … マテーラの修道院跡、京都の法然院方丈、パンプローナの美術館、各地に残るモダニズム建築など、空間の記憶を呼び覚ますように奏でられる、サイトスペシフィックな演奏会も多数出演している。
近年は、波多野敦子、BUN Imai を迎えたカルテットでの「日和探戈跨年音乐会 ( 西溪天堂艺术中心,中国 )」、「組曲 II 四重奏 ( 原美術館,東京)」、小倉笑と共演した小さなオペレッタ「はだしの恋唄 ( 原作:寺山修司 演出企画:たみお, まゆらう )」をはじめ、美術作品、舞台作品の音楽にも関わる。
この秋が深まる頃には、新作アルバム「Charade」を発表。


[ 生駒 祐子 Yuko Ikoma ]
アコーディオン奏者。幼少より足踏みオルガン、手廻しオルゴールなどのトイ楽器に、吹奏楽部では打楽器にも親しむ。折々に自由奔放にアンサンブルを編成し「mama!milk」「yuko ikoma」名義でのアルバム作品や、インスタレーションなどの美術作品のサウンドトラック、滞在制作による作曲作品も多数発表している。
http://www.yukoikoma.com/

[ 波多野敦子 Atsuko Hatano ]
主に5弦ヴィオラを使用、弦の生音にエフェクターを駆使した重低音やノイズ、古典的なハーモニーを 組み合わせ独自のダイナミクスの大きなサウンドを生み出す。自身の弦楽デュオ「TRIOLA」や、ソロワーク、各方面の管弦アレンジなど勢力的に新たな音楽表現を探求し続けている。
http://www.hatanoatsuko.com/

[ 小倉笑 Emi Ogura ]
11歳より声楽を学び、後にコンテンポラリーダンスと出会う。2014年より京都で本格的に活動を開始。以降、Monochrome Circusや康本雅子など様々なアーティストとコラボレーションを繰り広げる中、欧州、南米などで開催されるアートフェスティバルなどに招聘され国内外で活動。2021年より創作団体『SMILE』を立上げる。
https://smile-mile-mile-mile-mile.com

[ BUN Imai ]
打楽器奏者。幼少よりピアノ、作曲、ドラムス、マンドラ、パーカッションを通して音楽に親しむ。現在はミュージカルでの演奏をはじめスタジオワーク、セッションワーク、ライブサポート、ダンス作品への音楽提供など、ジャンルや形態を限定せず幅広く活動している。
https://cervezaymusicabundrums.wordpress.com

[ 清水恒輔 Kosuke Shimizu ]
実験音楽、インプロビゼーション、ダンス、演劇など、様々な現場を自由に行き交いながら数々のバンドのボトムを支える。近年はコントラバス奏者としてmama!milkをはじめ様々なプロジェクトに参加。 また多楽器奏者・曽我大穂や、ピアニスト・林正樹を迎えた、ソロアルバムも密やかに制作中。
http://www.kosukeshimizu.com/

日 時
2021年9月1日(水) 開場:17:30 / 開演:18:30 / 終演:20:00頃
会 場
京都文化博物館 別館ホール ( 旧日本銀行京都支店 *重要文化財 )

〒604-8183 京都府京都市中京区 三条上ル東片町623-1 TEL: 075-222-0888



1906年竣工。明治を代表する近代建築の一つ。
辰野金吾と長野宇平次によって日本銀行京都支店として設計された。
国の重要文化財に指定されています。

出 演

mama!milk
生駒祐子:アコーディオン
波多野敦子:ヴァイオリン
小倉笑:声
BUN Imai:マリンバ、パーカッション
清水恒輔:コントラバス

Yuko Ikoma : accordion
Atsuko Hatano : violin
Emi Ogura : voice
BUN Imai : marimba, percussion
Kosuke Shimizu : contrabass

料 金
4,000円
要予約、自由席
※ 本公演では、皆さまにゆったり心おきなくお寛ぎいただけますよう、お一人様に3席シートをご用意しております。
お申込

8月1日より、専用ご予約フォームにてご予約承ります。
下記フォームにて必要事項を明記の上、お申し込みくさい。

[ 専用ご予約フォーム ]

  • お申し込み手続きを全て終了後、数日以内に「予約確定」のメールをお送り致します。
  • 「予約確定」のメールをもって、ご予約成立とさせていただきます。
  • 数日経っても「予約確定メール」が来ない場合 [ concert.yoyaku@gmail.com ] までお問合せください。
  • 静寂の中での繊細な演奏の為、未就学児童の入場はご遠慮いただいております。

  • 本公演は感染拡大防止に留意して開催されます。詳しくはご予約フォームをご覧ください。

♢緊急事態宣言の発令期間中となりますが、 感染拡大予防ガイドラインに則し、感染拡大防止に留意した上で、予定通り実施予定です。
当初の予定よりも席数を減らし、 より一層の感染予防対策を徹底し、お客さまに安心してお越しいただける公演となるよう準備を進めております。
(2021.8.19 night cruising)


*京都府における緊急事態措置
https://www.pref.kyoto.jp/kikikanri/news/documents/030817_kongonotaiou.pdf

STAFF : [ 照明 ] 渡川知彦
      [ 音響 ] 川合陽三(Riverfuse)
      [ 撮影 ] 古木洋平 ( cogi film ) 
      
□ 制作協力:アクティブKEI
□ 宣伝美術:竹村 愛 ( 竹村活版室 )
□ 企  画:MUSICA MOSCHATA
□ 主  催:night cruising http://nightcruising.jp


    文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業


mama!milk Concert at The Museum of Kyoto

Act
mama!milk
Yuko Ikoma : accordion
Atsuko Hatano : violin
Emi Ogura : voice
BUN Imai : marimba, percussion
Kosuke Shimizu : contrabass
Date
Wednseday 1st September 2021 open 5:30 / start 6:30 in the evening
Place
THE MUSEUM OF KYOTO Annex hall ( *Important cultural property )京都文化博物館
Sanjo-Takakura, Nakagyo-ku, Kyoto
Ticket
Reservation 4.000 yen
Information & Reservation
Reservation form will be open on Sunday 1st August
[ Reservation Form ]

SCHEDULE

page top