高塚裕子さん(中川政七商店)より「mama!milk / Duologue」へご寄稿いただきました。    2013.7.17

duologue mama!milk

基本、無音が好きだ。ということに、気がついた。

家族と離れ、一人の時間と向き合うのは、
かれこれ18年ぶりのことである。

持ってきたのは、洋服と本当によく聴くCD数枚だけ。

この際だからと、TVも買っていない。

自分の為の道具を揃える。

7年間、生活道具の店をやっていたので、
改めて新鮮な作業である。

そっけないくらい狙っていない、
ちょっと不便そうなものが好みだ。

自分なりの居心地を作れる余白があるからいい。

そういうものを見つけるのは、案外むずかしい。

よく、没頭するクセがある。

頑なにストイックというわけではないので、
外野の音や映像があればあるで、はまって困る。

mama!milk の音楽は、
不思議と流していると時に聞こえなくなる。

つまり心地よく自分の中に入っていけるということ。

仕事が変わり、この歳になっても
日々新しい色々な思いにぶつかる。

下を向いてしまう気持ちの時には一緒に暗く、
前を向けそうな時には一緒にそんな兆しにむかってくれる。

程よい距離にいて、私を自由にさせてくれて、
いて欲しい時にはすっと寄り添ってくれる
理想の恋人のようでもあるし、
使い心地のよい道具のようでもある。

本当に大切なものや新しいものは、多くはいらない。

淡々と日々を暮らしていきたい。

毎日くりかえし聴く
mama!milk の音楽は、そういうものです。

私を平坦に、ならしてくれる。

高塚裕子(中川政七商店)

duologue_mama!milk

mama!milk / Duologue デュオローグ [ windbell four 120 ] 2013年7月19日発売

[[ mama!milk Discography ]] Duologue アルバム情報

NOTE

  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010