佐伯誠さんより「mama!milk / Duologue」へご寄稿いただきました。    2013.7.17

duologue mama!milk

いちばん好きなのは暗黒映画で、
若いころのベルモンドが頬をそいだように痩せていて、
ひっそりと黙りこくって拳銃をいじっている、
そんなどうでもいいような一篇・・・、
できればジョゼ・ジョヴァンニの
原作か脚本であれば文句ないんだけれど・・・。

mama!milkをはじめて聴いたとき、
すぐに思い浮かべたのはモノクロの暗黒映画で、
路地の奥で音楽を聴くような遠いパトスに攫われて、
熱いものがこみ上げてうろたえた。

暗黒映画というのは、つまりは狭い界隈(ミリュー)の
ひっそりとした暮らしに注がれたまなざしのことで、
ドンパチがあったり隠語でまくしたてたりするけれど、
そこにあるのはコトバを奪われた人々の情愛の交わし合い、
海の中のように黙りこくった世界なのだ。

だから、映像にふさわしい音楽といったら、
手回しオルゴールやバンドネオンといった
雑味がたっぷりとある楽器の奏でるものが最上で、
mama!milkの生駒祐子さんのアコーディオンは
シシリアの工房でつくられたものだと聞いて、
やっぱりそういう血が流れているのかとうなずいた。

「ちっぽけな土地にひっそりと息づいているものほど愛おしい。
逆に愛しいものほど狭いところで
物音ひとつ立てずに生きている。」(ジョゼ・ジョヴァンニ)

おちぶれたものを励ますように、
これでもかと歓待してやまないmama!milk、
暑熱のたそがれに吹く恩寵の風、
涸いた大地にふりそそぐにわか雨だ。

佐伯誠

duologue_mama!milk

mama!milk / Duologue デュオローグ [ windbell four 120 ] 2013年7月19日発売

[[ mama!milk Discography ]] Duologue アルバム情報

NOTE

  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010